忍者ブログ
新たに知った用語や知識の補完
アンケート
このサイトを訪問する経緯となったのはどこですか?
 ・一般の検索サイトの検索
 ・忍者ブログ内
 ・人気ブログランキング
 ・他サイトなどのリンク
  結果  -ブログでアンケート-
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
みくと
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
旅行
自己紹介:
旅行をかねて全国のいろいろな美術館に行ってみたいです。
大学では芸術学を専攻しています。
まだまだ知識不足なので勉強中です。
近現代の芸術が好みで、宗教色の強いものは少し苦手です。
基本えり好みはしませんが、記事傾向の参考程度に。

最新記事
最新TB
ブログ内検索
楽天
ミク オリジナル曲
フリーエリア
カウンター
FX NEWS

-外国為替-
てぶろ
フリーエリア
アクセス解析
[1] [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

青春18切符を利用して父と二人、大分県へ行ってきました。
目指すは 宇佐八幡宮!

ここは、全国の八幡宮の総本山であると共に
本殿が八幡造というめずらしい造りの神社建築なのです!
DSC00519.JPG







ここは拝殿の2番目の神様を祭っているところ。
宇佐八幡宮には3人の神様がいるので
多くの参拝客は左から順に3回参ってました。
宇佐八幡宮は色々と変わっているのですが、
ここは参拝の仕方も特殊。

通常は2礼2拍1礼かと思いますが
ここは2礼拍1礼!
4回手をたたくんですね~不思議。

肝心の八幡造の本殿は屋根の頭がちょっとみえるだけで
みることはできませんでした。残念。

八幡造とは何かと言うのをごくごく簡単に説明すると
屋根がある建物二つの部屋が結合したような造りです
前の部分で神様が昼間仕事をし、夜は後ろで休むそう。
http://www.usajinguu.com/B_Bunkazai/Hatiman.html

前だけを見ると流造りのようにみえる。面白い。



まあ、今回はそんなとこですねー



PR
②ハンガリー編

午後、ハンガリーからスロバキアへ移動。
スロバキア、プラチスラバ市内は少し不思議な雰囲気。
大きなビルともアパートともつかないような、装飾を一切排した雰囲気の
建物が立ち並んでる。ビル全体に大きな看板が付いているところも多い。

市内のホテルにて、現地のガイドさんが合流、そのままプラチスラバ城へ。
プラチスラバ城からはドナウ川をはさんだ新市街がとてもきれいに見渡せる。
UFOみたいなのが上にくっついている橋があって何なのだろうとずっと思っていたのですが
どうやら、展望レストランだったようです。後から知りました。


P1010144.jpg









お土産屋さんがあって、そこでポストカードやら素敵な雑貨などを購入しました。
針金で作った魚みたいなのが非常に欲しかったんですが、
スーツケースの中で曲がっちゃうのが怖くて断念しました…。
それからまたバスに乗り込んで今度は旧市街を下車観光。

(実はスロバキアは、朝からいろいろと説明され過ぎて頭がいっぱいであまり覚えていないのです。
メモもあまりしていないのでちょっと不確かなレポートになります。)


・町の薄黄色の壁はオーストリアの影響をうけているとか。
・0ポイントという、場所あり。東京がどっちの方角で何キロ先かも書いてあった。
P1010153.jpg








けど、なぜここに0ポイントがあるのかという説明を忘れてしまいました。
たしか、人類が初めてここに住み着いた的な説明もあったので
それ関連でしょうか…?どなたかご存知でしたら教えてください。

あと、シラーの看板や、聖マルティン教会に向けてある地面の王冠マーク
ナポレオンが寄ったホテル、そして広場に出ると
そのナポレオンが両肘をついているベンチなどがありました。
同じ広場内に日本の大使館もあり。日本の国旗を見て少しびっくりしました。
P1010165.jpg








あとは、覗く人というそのままマンホールからのぞいている人や、


P1010170.jpg







大きな詩人の銅像、聖マルティン教会、なぜかすしバーがあったりと、
色々と見て回るのは楽しかったです。

そのまま、ガイドさんと別れて今度はプラチスラバにほど近いオーストリアの首都ウィーンへ…


次回に続く

2008.9.25
夏休みの最後の期間を利用して出かけた中欧ヨーロッパ旅行。(日本旅行のツアー)
初の海外旅行で右も左もわからないまま行ってきました。

①ハンガリー編

 関西国際空港を出立した友人と私。スカイブルーが特徴のKLMオランダ航空に乗って
オランダまで行ったのち、乗り換えてハンガリーの首都のブダペストまで行きました。
それまでの過程を箇条書き。

・フライトソックスをはいていながら3時間余りで足がだるくなる。

・飛行機から見える写真を撮りすぎて後にメモリー不足の原因となる。

・さすがオランダのフライトアテンダント!背がかなり高い!

・手をふく布が異常に熱かった…スモークされたナッツおいしい

・機内食、Japanese Beaf ということで選んだカボチャのそぼろあんかけ、スイートポテトも付いてきたのですが、スイートポテトってどこのお菓子でしょうか。違和感。

・間食がアイスかカップヌードルなわけですが、カップヌードルのほうが量的にお得な気がしますね。甘党なのでアイスを選びましたが。アルプスの雪解け水つき。

・なぜかオランダの空港に数独(いわゆるナンプレ)がたくさん置いてありました。日本のものって意識していなかったので意外…おもわず2ユーロで購入。

・ブダペスト行の飛行機は短くて助かりました…。


はい、そしてブダペストのホテル、「イビス アエロ」に泊まり、
次の朝。朝食はビュッフェスタイル。きゅうりとトマトってヨーロッパだとどこでもあるのでしょうか?
朝からケーキもいただき非常に満足です。
そして、バスに乗って観光開始!


英雄広場

P1010077.JPG







最初に訪れたのは英雄広場。
かなり多くの観光客の方がいて、大きな広場は人だらけ。
そばには古い建築を参考に作った万博か何かの時に作った館
(現在は博物館)などがありました。
上の写真は正面から見て右端のほうの写真ですね。
左にも同じようなものがあってその間が門のようにもみえます。
上についている四体の像にはそれぞれ意味があるそうで、
ええと、上の写真は左から平和と成功の像ですね。

広場の真ん中に塔があるのですが、その上には大天使ガブリエル。


P1010074.jpg









手に持っている十字架のような文字は
昔の文字で1と神をあらわすものだそう。国章にも入っています。
もう片手に持っている王冠は実際に王政があったころのレプリカで、
実物は別の場所に保管されているそう。(どこだったか忘れました)


なぜか、このあたりですでに電池切れぎみに。前日の夜確認した時点では
普通に電池がいっぱいだったのですが…不思議なものです。

お土産屋さんでカロチャ刺繡の製品などを購入。
しかし、ハンガリーに対して今まで全く興味を持ったことはなかったのですが、
非常に大変な歴史を持つ国のようですね。
まあ、詳しいことはほとんど知らないので下手なことは言えませんが、
別の国どうしが陸続きっていうのはいろいろな意味で大変なんだろうなと思います。
他国との関係にせよ文化にせよ…



続きます

25~1日まで

ハンガリー・スロバキア・オーストリア・チェコ

の旅行に行ってきます。

オーストリアでは、美術史美術館やヴェルヴェデーレ宮殿上宮などに行く予定です。
帰ってきたら感想等を書きます。

びっくりしました。

もうすぐ中欧に旅行に行くので友人と
フリータイムのオーストリアに関する打ち合わせをしていたのですが、
現地の気温を調べると15時の時点で14度!

しかも、現地の画像をみると、皆真冬並みの格好でした。

や、寒いのは前々からわかっていたのですが
実際に現地の服装を見てみると予想のはるか上を行っていました。

これは、かなり服を着込む必要がありそうです。
ちなみに、以下から様子が見れます。


http://www.wien.gv.at/webcam/stadtpark/index.htm
Copyright (C) 2009 アドニスの花, All right Resieved.
*Powered by ニンジャブログ *Designed by 小雷飛
忍者ブログ / [PR]