忍者ブログ
新たに知った用語や知識の補完
アンケート
このサイトを訪問する経緯となったのはどこですか?
 ・一般の検索サイトの検索
 ・忍者ブログ内
 ・人気ブログランキング
 ・他サイトなどのリンク
  結果  -ブログでアンケート-
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
みくと
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
旅行
自己紹介:
旅行をかねて全国のいろいろな美術館に行ってみたいです。
大学では芸術学を専攻しています。
まだまだ知識不足なので勉強中です。
近現代の芸術が好みで、宗教色の強いものは少し苦手です。
基本えり好みはしませんが、記事傾向の参考程度に。

最新記事
最新TB
ブログ内検索
楽天
ミク オリジナル曲
フリーエリア
カウンター
FX NEWS

-外国為替-
てぶろ
フリーエリア
アクセス解析
[44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今晩は、何日か前に復活しました。

トップ画面にもあるように、お友達の勧めで手ブロをはじめまして
思いのほかはまってしまったという。
ずいぶんまともに絵を描いていなかったので
リハビリがてらちょこちょこ描いていこうかと思います。

今回実家には青春18キップを使って帰ろうと思います。
色々考えたのですが、宮島に寄って帰ろうかと…
2・3時間でざっと見ることは見れるらしいので
行ってこようと思います。お昼もそこで食べれたらいいな。


「今日の一枚」

48c0bdb8.jpg










エゴン・シーレの「死と乙女」

私がウィーンに行ったときにもっとも見たいと思っていた絵。
今現在この絵は、ウィーンのヴェルヴェデーレ宮殿にあるはずです。
あの有名なクリムトの「接吻」もここに。

いつも思うというか、とくに前回の旅行で非常に感じたのが

実際の図版を見ていても、絵の大きさとか色とか、そういう実際の印象はかなり違うものだということ。
向こうの絵って、宮殿サイズでとっても大きいものが多いんですよね。
接吻も予想以上に大きかった。あと、同じくクリムトの「ユディト」は予想以上に小さくてびっくり。
そう、そしてこの「死と乙女」も最初に受けた印象と違った。
この画像よりも、もっと色彩は明るいです。
彼の作品、濁っている色彩のように見えるけど、実際そんなに明度は低くないしおどろおどろしくもない。

そういう点もふくめてやっぱり、実物を見るのは重要だなと思うのでした。


しかし、一緒に行った友達はとても「接吻」が見たくてたまらなかったらしく
実際のものを見たときは食いついてなかなか離れなかった。
そういう風に一生のうち絶対見たいといえるくらい、もしくはこれを見てからこの絵が頭から離れない
みたいな強烈なインスピレーションを与えられるような絵って今まで…ないなぁ。
ちょっとそういうのがうらやましく感じる。


でも、美術や美学の勉強をするのは楽しいな。
自分から勉強したくなるってのがいい。
そういえば、この間教授とメールしてたら、成り行き上次の前期の授業を
私が決めることに(カントの判断力批判)なり、もちろん出ないといけないことになった。
うん…ちょっと複雑な気持ちだ…(うれしいけど、他にとりたい授業とかぶったらどうしよう)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright (C) 2009 アドニスの花, All right Resieved.
*Powered by ニンジャブログ *Designed by 小雷飛
忍者ブログ / [PR]